ピンクコンパニオンの離職率は高いですか?その理由は?

新着おすすめ記事

ピンクコンパニオンの離職率は高いですか?その理由は?

そもそもピンクコンパニオンは自由気まま、神出鬼没が定番の仕事。

離職率なんてはじき出すことはできない業界です。

それが女の子たちの最大のメリットでもあります。

■“離職率”なんて把握しようがない業界。

業界紙を読んでもピンクコンパニオンなど風俗嬢の離職率までは出ていません。

そもそもピンクコンパニオンは不定期なアルバイトであって、パートなどとも雇用形態が異なります。

税務署に言わせると「非常に把握しにくいグレーな業界」。

厄介であることは確かです。

女の子たちも申告などはしていないので実態はつかめません。

また離職率といっても、女の子たちがいつ辞めたのか、それとも休職に相当するのかも不明です。

■その気になるまで休めるのが最大の魅力。

好きなときに出勤して、お金が貯まったら休む。

またその気になったら派遣会社の要請に応じる。

神出鬼没がピンクコンパニオンの特徴です。

それはある意味で女の子たちのメリットでもあります。

仕事はハードかも知れませんが、「離職なんかしなくても、その気になるまで休める」のが最大の特典です。

■どこかの組織の正社員にでもならない限り、自由で気ままな身ですからピンクコンパニオンを始めること自体に迷う必要はありません。

普通は離職率の高さで仕事のハードさや価値を推測したりしますが、ピンクコンパニオンに限ってはそのような必要は無用です。

“疲れたら好きなだけ休暇を取ればいい”だけの話。

大半の派遣事務所は登録制ですが、希にノルマ制の事務所ががあったりします。

気をつけてください。